私たちの活動
活動報告
団体概要
サポーター募集

私たちの活動
活動報告
団体概要
サポーター募集
お知らせ

2019.12.6 2019年の活動報告 更新しました NEW 

2019.10.2 第28号機関紙発行 NEW 

2018.5.23 ホームページをリニューアル  

講座・イベント
最新の福祉情報

CILとちぎとは
障がいがあっても、じぶんらしく生きるために。

どんなに重度の障害があっても、自分らしく地域の中で普通に生活できるように、障害当事者が中心になって運営している障害当事者の団体です。自立生活プログラム、ピア・カウンセリング、集いの場の提供、相談支援、権利擁護活動を通して、障害への理解、障害者の自立(依存先を増やす)を考え、誰もが共に暮らせる共生社会の実現を目指す活動を行っています。

 



大切にしていること

信頼

スタッフも重度な障害者であり、障害のある方と同じ気持ちの共有でき、信頼関係を築き一緒に問題解決に取り組みます。

 

エンパワーメント

人は誰もがすばらしい力を持って生まれ、生涯にわたりそのすばらしい力をもっているが、差別や慣習等で抑圧され奪われてきた。一人ひとりに潜んでいる活力や可能性を湧き出させることがエンパワーメント(湧活)である。一人一人が活躍できる社会に向けて活動します。

 

共生社会

障害のある人もない人も誰もが相互に人格と個性を尊重し支え合い、人々の多様な在り方を相互に認め合える社会に向けて活動します。

 


多機能型事業所はーと

当事者向け

障害者総合支援法に基づく生活介護、就労継続支援B型の事業を一体的に行い、利用者の日常生活全般の支援や居場所の提供、就労に繋がる支援や生産活動を行います。また、自立に向けた相談に応じます。
≫詳しくはこちら

相談支援

当事者向け

障害者やその家族が直面する問題や、障害者の希望する暮らしを実現するための様々な相談に応じます。
≫詳しくはこちら

 

重度訪問介護従業者養成研修

支援従事者向け

重度の肢体不自由者で日常的にサポートを必要とする方に介護サービスを提供するための資格を取得するための研修を行います。
≫詳しくはこちら

 


自立生活プログラム

当事者向け

障がい者が地域で生活するために、福祉制度、金銭管理や生活に関わるノウハウについて学ぶ講座です。長期講座、テーマごとの単発講座があります。
≫詳しくはこちら

 

ピア・カウンセリング

当事者向け

障害者同士が話を聞き合い、自分を見つめ直し、自分に自信を持ち、自立のための力をつけるピア・カウンセリングです。
≫詳しくはこちら

 

学習会・催し等

当事者向け支援従事者向け

障がい者の地域生活についてなどの講演会や、バーベキュー・クリスマス会など仲間と親睦を深めるイベントを実施しています。
≫詳しくはこちら

 


協力団体


 

NPO法人自立生活センターとちぎ

〒321-0923

栃木県宇都宮市下栗町2947-8 イースタンピュア103

電話 / FAX 028-638-2538

メールアドレス ciltochigi@silver.plala.or.jp

営業時間 10:00~17:00

休業日 土日祝、お盆(8月13日~8月15日)、

    12月29日~1月3日 

 関東バス【時刻表](宇都宮駅→ミツトヨ前下車)